★繊細な懐石料理が食べられるお店「喜泉(㐂泉)」★

CEOのおごりで好きなものを、というわけで遠慮するか!と喜泉に初訪問してきました。

事務所の裏手、山形屋近くのハイカラ通りと四季通りの間にあります。

外観から漂う高級感。

店内もやっぱり高級料亭という雰囲気です。

ランチは2000円の会席1種類のみです。

はじめに前菜とお造り。お料理の名前はすべてうろ覚えというかあまり聞いてなかったです。

前菜は黒胡麻豆腐のようなもちもちしたもの、おもちのみそ田楽のようなもの、昆布巻きなど。

鯛のお造り、鯛はもっちもちで甘い鯛でした。

茶わん蒸しは赤紫蘇が良いアクセントになってます。

出汁が美味しい。

焼きものはサワラ、栗も添えられてます。

煮物はお野菜と鴨のような上品な煮物。

お料理の最後にごはん、鯛のしんじょの吸い物とお漬物。

デザートは白玉ぜんざいと抹茶でした。

上品で大人な雰囲気のランチでした。

帰社後悲しい事実が・・・。CEOは豊吉うどんのカレー(300円)を食してきたそうです。

いっぱいのかけそばのような気分になった今日のランチでした。

 
喜泉 (㐂泉)
宮崎県宮崎市橘通東3丁目5−5
0985-29-7706

この記事の関連タグ: 山形屋エリア

この記事が気に入りましたらいいね!お願いします。

Author: ひじり~くぼた。

ひじり~くぼたです。宮崎でどこそこランチを食べ歩いてます。

http://enkatsu.link

あわせて読まれている記事